jfaxの体験談|インターネットの機能の評判を自分で検証してみた!

仕事の依頼主からの急な打ち合わせの電話で外出した。そんな時に限り「あ、しまった、注文のファックス受信確認し忘れた!」

ファックス確認忘れた

今までなら、こんなFAXの受信の確認忘れ本当に良くありました。今日は夜の8時まで会社には帰れないのでFAXを確認できない。でも、こんなことを繰り返していたら、大事な仕事依頼を失注することありませんか!!私はそんなときのためにインターネットFAXを入れてみました。外出先でもバッチシ。お客まさの受注を逃さないインターネットFAXのすごい点をお伝えします。

jfaxならFAX機の前にいなくても仕事依頼を逃しません。個人事業主やフリーターにぴったりです。そこで個人事業主である私が実際にjfax使って検証してみた体験談をオムニバス形式でお伝えいたします。

雑誌社からの急な電話で呼び出され、取材の打ち合わせに行ってきた!

私の仕事はライター件不動産業。自宅で仕事している個人事業主。親から引き継いだ小さな不動産だけでは食っていけなくなり、自宅でできるお仕事と捜したのがライター。

一応、東京や神奈川などのちょっとした旅行体験記を書いている雑誌社のお仕事なんです。ライターの記事作成の受注のきっかけは、数年前です。ある雑誌社にクラウドワークスというマッチングサイトでお試し記事を受注したのがきっかけ。それからずっとその雑誌社の記事作成の仕事をしています。

今度の記事作成の依頼は、どうも横浜市都筑区のアジサイ寺の正覚寺らしい。詳しい事を話したいと担当の吉野君から急な電話。

「また急な打ち合わせか、、、」

といつもの事とあきらめて午後4時からの打ち合わせのために慌てて外出。

ノート持った。ペン持った。パソコン持った。Wifi持った。スマホ持った。

「よし、これで完璧」

と電車に飛び乗り、

「ん、これは私の家に近いではないか、紫陽花寺があったのか!」

 

と。。。考え始めた。

不動産の情報が送られてくるんだった、、どうしよう。

私の本業はやっぱり不動産。仕事は有料投資先を長年おつきあいのお客様に定期的にお伝えして購入していただくことだ。

こんなにネットが発達しても、まだまだ一部の業界ではFAXが残っているのをご存知ですか?その代表的なのが「不動産業界」いまだに地方の小さな不動産ではFAXでのやり取りです。小さな不動産屋のオーナーは60代、70代が多いからかもしれません。

昨日の晩に投資にぴったりの30室のアパートが、栃木のあるJR駅から4分の所で売りだしがあったらしい。その駅には大手の会社の工場と理系の公立大学などもあり注目していたところだ。だいたいこのような売り出しは時間勝負で他社に取られることも多いのだ。だから間髪入れずに判断し、お客に伝えて判断してもらわないと取られてしまいます。

「やってしもうた」

雑誌社との打ち合わせは逃れなれないし、投資のアパート情報もお客さんにすぐに伝えなきゃ。

jfaxのすごい所はここだ。jfaxは本当に便利なんです。

4時に定刻通りに打合せ開始。吉野君の話を聞きながら、イメージを掴んでいく。いつもなら、こうした方が良いんじゃないですかとか口をはさむところだが、今日は特別に素直に伝えられたことをメモし、わかりましたと相槌を打って2時間30分で退散。

既に時間は6:30。このまま帰れば8時前には帰れるかと、即効で帰ることを考えましたが、「いや待てよ」「jfaxを入れたではないか」と思いだし、近くのファミレスに突入。

すぐさま、メール確認。来ていました。栃木の業者からのアパート情報。すごく便利。メール経由で届いたFAXはPDFに変換されています。パソコンからPDFを確認、アパートの投資内容の数字をその場で計算。これは行けるかもと思い。PDFの下にある栃木の不動産の名前をソフトで消して私の連絡先のイメージ情報を差し込み(慣れている)、即効で投資家にメールにPDF添付で送信。ここではFAXは使いません。

その後すぐさま電話して、私の意見を加えて午後8時までにご判断くださいと伝えました。8:30に家に帰ってもまだ投資家さんからは電話がないのでこちらから電話。

「購入するよ」

との嬉しい内容を頂き、すぐさま栃木の業者に電話。。

「いやー、XXさん、危なかったよ。あと30分に遅れていたら他の業者に売却するところだったよ。」

「ありがとうございます。今回こちら買わせていただきます。手続きよろしくお願いします」

 

jfaxの一番良い所は、外出先でもFAXを確認できるところだ。。。

如何でしたでしょうか。これは実際に私に起きたことです。従来のファックスではとてもこのように時間を無駄にしない対応はできなかったでしょう。

インターネットFAXで人気がある「jfax」の最大のメリットは「外出先でもFAXの内容を確認でき、失注しない事」です。

パソコンやスマホさえあれば、場所を選ばず仕事が進みます。今の時代はスピード勝負です。やっぱりそれにはネットは欠かせない。アナログの世界のFAX情報をデジタルの情報に変換するインターネットFAXは、FAXをよく使う業界には欠かせません。

パソコン、ネットとインターネットFAXさえあれば、このような仕事の流れでもあなたの業務効率を上げることができるでしょう。

jfaxの詳しいことはこちらから確認できますよ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました